牛乳、ヨーグルト、チーズ、牛肉など 

こんにちはラクシュミです。

実はさまざまな病気の陰に、乳製品があります。

というか牛に手をださないで、と食養アドバイザーからいわれています。

ホルモン剤、抗生物質、草からの農薬。。。

今回も小峰デンタルの歯科医師から

乳製品は最悪

(乳製品が病気の元)

日本では今でも乳製品が健康食の代表のように報道している。

しかしながら、世界では最悪の食品となりつつある。

まず、母乳の代わりに牛乳を飲むと将来的に1型の糖尿病となる。

それ以外にも3歳までの乳製品は将来的にも動脈硬化、

癌体質、アレルギー等の様々の病気を誘発。

幼少期での乳製品は成長を早め、将来的にも様々な病気の体質を作るとも言われている。

小学生の骨折は昔は殆どなかったが、近年は信じられないほど多い。

また、骨折した小学生のお口にはたくさんの歯石がついていたのである。

つまり、いくら小学生でも乳製品を摂り過ぎと思われる。

骨折は生涯的にも乳製品を摂取者に多かった。

一定の年齢になると乳製品は血管を硬くしてしまう(脳出血)。

また、血管の老化を促進し脳梗塞や心筋梗塞を誘発。

さらに乳製品の中のカルシウムは心臓に負担をかけるので

急性心不全を起こす、心臓の筋肉(心筋)を痙攣させる。

その前に「足が攣る」のでご注意いただきたい(痙攣は急性心不全の前兆)

最後に乳製品は老化の象徴(シワの原因はカルシウム)

乳製品の摂取者ほど老けやすい(老化の原因)

代替飲料にはオーツミルク、豆乳、アーモンドミルクとかありますが、

やはり何かしら入っているので、購入の際は、ご注意ください。

【公式】グリーンカルチャー ONLINE STORE (greenculture-store.jp)

大豆ミート専門サイト| 大豆ミート・ソイミートの老舗「かるなぁ」 (daizumito.com)

おすすめの記事